完備な基礎施設

2019-11-29 17:20

(横四縦五総合交通計画図面を追加)

航空:民間用輸送空港が9箇所、GA空港が7箇所があり、676線の航空路を有し、国内任意の省の省都まで4時間以内に到達可能である。国際航空路が79線で、香港、ソール、東京、シンガポール、フランクフルト、ロサンゼルス、メルボルンなどの都市と直航できる。

道路:高速道路の総延長が6,085kmで、99%の村までバスのアクセスが可能である。

鉄道:鉄道の運営距離が6,222kmで、全ての地級市まで通じている;高速鉄道の運営距離が1,747kmで全国3位であり、26省の省都、全国280の都市に通じていて、2020年に2,836kmに達せる見込みである。「斉魯号」ユーラシア定期列車が「一帯一路」沿線の9カ国の37の都市に通達し、山東-欧州、山東-中央アジアの列車が既に279便に達し、「一帯一路」国際ロジスティクス通路を通じさせ、その影響力がドイツ、ポーランド、モンゴル、ロシアまで及ぼす。2022年に、山東は「環三横四縦六」という高速鉄道網の計画・建設を完成させ、全省をカバーする周辺の主要都市に通じる「1,2,3」時間陸上交通圏を実現する。 

海運:全省の沿海港の貨物スループットが16.1億トンに達し、全国2位を取り、中国国内で唯一の取扱量が4億トンを超える港の持つ省である。600線あまりの海上航路が世界各地に通じている。

ネットワーク:100%の村が光ファイバーのカバーを実現し、済南もアクセススピードが4Gの10倍に達する5Gネットワークの第1陣の試行モデル都市になる。